Monthly Archive: 2月 2018

車の現物査定では、新品のタイヤに近ければ買取

業者に車を買い取ってほしいものの、お店まで出かける

車の現物査定では、新品のタイヤに近ければ買取額アップの交渉をすることもできるのでタイヤは摩耗していない方が有利なのは確かなのですが、損傷の激しいタイヤだったとしても、査定のためにタイヤを替える必要はありません。

かけたコストに見合った査定額にはなりません。 (さらに…)

所有する中古車を買取りしてもらおうと思って店舗に行く

複数の企業の相場を一斉に査定できるサイトごとに一度

所有する中古車を買取りしてもらおうと思って店舗に行くと、査定額が付かないと言われることがあります。売却予定の車が走行距離10万km以上だと過走行と呼ばれる状態で査定が0円だったり、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは買取額が出ませんと言われることがあるでしょう。 (さらに…)

たいていの場合、車を売ったときに買取会社などから査定書が

中古車の査定価格には、車体の色もかなりの比率で

たいていの場合、車を売ったときに買取会社などから査定書が発行されることは珍しく、「発行してください」と言ってももらえないことがほとんどです。自己破産や遺産相続に関して資産証明が必要になることがありますが、このような場面で車の査定金額が明記された証明書が入り用になったときには、日本自動車査定協会、通称JAAIに車の査定をお願いしなければいけません。 (さらに…)